ランディングページで重要なキーワード選択について

通販などのサイトを運用して業績を向上させようとするならば、ランディングページを充実させる必要があります。そこでポイントになるのがSEO対策でも必要なキーワードの選択です。ユーザーがどのようなキーワードを使って検索するのかを調べることで、サイトで必要なターゲットを集客することにつながります。そしてサイト内のコンテンツでは選定したキーワードを使って訪問者に様々な情報提供を行うことになります。これはランディングページで商品の購入を促す前に、不明点や疑問点などを十分に解決してもらう必要があるからです。そしてリンクを辿ってランディングページに移動したユーザーに商品の購入や資料請求などといったアクションを求めることになります。例えば化粧品のホームページとライティングに長けた業者に依頼することで、売り上げを増加させることが可能となるわけです。

キーワードの選択で重要なことは、まずメジャーな言葉は避けるということが挙げられます。これは同業の大手企業が多額の費用を使ってSEO対策を行っているのが理由です。化粧品といったメジャーなキーワードは、大手企業が検索順位で上位になるように多くの費用をかけています。これは企業ブランドを維持するためにも必要であるとの意識もありますし、中小企業がいくら力を入れても上位表示は難しいと言えます。つまり、メジャーなキーワードでSEO対策を行うことは費用対効果が低いということになります。当然ながらサイト内のコンテンツも、その点を考慮して作成することが必要です。必ずSEO対策で使用するキーワードをコンテンツにも利用することが必要というわけです。

そこで、それほどメジャーでなない言葉をいくつか組み合わせて取り組むことが必要になります。これは大手企業が対応できないこともありますし、組合せは非常に多いことからライバル会社との差別化を図れるという理由もあります。そしてその組み合わせによってユーザーがどのような情報を求めているのかもチェックすることができます。例えば化粧品とだけ入力して検索しても、どのような情報を求めているのか分かりにくいものです。けれども肌やトラブルといった言葉と組み合わせているとすれば、肌に悩みを抱えていることが分かります。そしてトラブルを避けることができる化粧品を探していると推測できるわけです。このように上手くキーワードを選定することで、コンテンツでも具体的に課題を解決できるような内容のものを作成することができるようになります。ライティングにおいても、外部委託を利用する際には具体的に内容の指示を出すことができます。

このようにサイト内のコンテンツを充実させた後は、ランディングページの作成を行います。化粧品に何を求めるのかによって異なるランディングページを用意することになります。それぞれユーザーが抱えていた悩みなどを十分に解決した後にリンクを辿れるようにすることもポイントです。ランディングページでの成約率が低いという場合には、このようにユーザーを十分に納得させるアプローチができていないことが考えられます。あるいはサイトの構築がうまくいっておらず、必要なコンテンツを辿ることなく直接ランディングページに誘われている可能性が高いと言えます。そこでサイトでのユーザーの行動をツールを使って分析し、しかるべきルートをきちんと辿っているのかを確認することが大事です。コンテンツのライティングは外部委託に任せることができますが、それをサイト内でどのように構築するのかは運用の担当者が管理する必要があります。社内でそのようなスキルを持つ人材がいない場合には、専門業者に任せる必要があります。

またランディングページは作成すればそれで終わりではなく、その後のメンテナンスが非常に重要です。必要とするターゲットを呼び込むことができたなら、きちんとサイト内を移動してランディングページにたどり着いているかどうかをチェックする必要があります。ランディングページで売り上げにつながる機能を果たせているかどうかは分析することができます。どのくらいのユーザーがサイトに訪れてランディングページまで移動してきたのはどの位なのかを解析することになります。さらにそこからコンバージョンにつながっている割合を測定し、その数値の変化をチェックします。コンバージョン率が低いのであれば、ランディングページ自体になにかしらの課題があることも分かります。どこに問題が潜んでいるのかを早急に見つけて対処することで、次第にユーザーの満足度も向上するようになります。ユーザーの満足度が高くなれば、サイトの評価自体も高まりますし検索順位も上昇します。SEO対策との相乗効果によって、さらに多くのユーザーを集客できますし、それがランディングページへの誘導につながり業績の向上にも結び付くようになります。