カリビアンスタッドポーカーの戦略について

カリビアンスタッドポーカーの戦略ですが、そもそもカリビアンスタッドポーカーというのはポーカーの要素ももちろん含まれてはいますが手札の交換はなく、また5枚を越えるカードの中から役を作れる5枚を選択するようなこともありません。ですから、通常のポーカーの戦略とはかなり異なるということをまず頭に入れておいたほうがよいでしょう。

カリビアンスタッドポーカーでは、手札5枚が配られますが、カードの交換は全くなく、その5枚のカードでそのままディーラー側と勝負をすることになります。賭け方としても、基本的にはレイズかドロップしかありません。ですから、どんなときにレイズすべきで、どんなときにはドロップすべきかというのを考えることになります。

まずレイズについてですが、もちろん自分の役が強い場合にはレイズすることになるのですが、カードの交換がない以上、それほど強い役があることはあまり想定できません。ノーペアのときにどうするのかということになります。ここで、ディーラーは、手札にワンペア以上の役があるか、それともAとKが1枚ずつある場合に限って勝負をし、それ以外はそもそも勝負をしません。いくらプレイヤーがレイズに賭けていたとしても意味がなくなるわけです。

一方で、勝負をしてくるということはつまりはノーペアでもAとKが1枚ずつあるか、それともワンペア以上の役があるかのどちらかです。となると、こちらの手がノーペアでしかもAとKが1枚ずつない場合には、勝負になると必ず負けるということになります。最低限このことは覚えておきましょう。レイズするにはAとKが1枚ずつか、あるいはワンペア以上あることが最低条件だということです。