カジノの別名はギャンブルで良いか

日本では、法律により賭博を行うことが禁止されています。それにもかかわらず、多くの人が疑問に思うのはパチンコ屋競輪そして競馬が賭博に該当するかどうかになります。賭博とは、個人が開きそれでお金儲けをする仕組みのこといいます。これは、ある意味個人が情報を操作して、特定の人にかけないようにすることも可能になるわけですので法律で禁止されているわけです。

等しく誰でも勝てるような仕組みになっているならば、特に法律違反にはなりにくいでしょう。もう一つ法律違反になりにくい根拠としては、国が運営していることが考えられます。国が運営すれば、投資をした収益は必然的に国の税金に組み込むことができるからです。

これらを前提に考えると、競馬や競輪などは特に問題ないと言えるでしょう。なぜなら、国が運営している上に等しく誰でも勝てるようにして悪かったです。もちろんそれでも、負け続ける事はあるかもしれませんが誰かが必ず勝てるようになっている仕組みですので特に問題ありません。パチンコにとってはどのような仕組みになっているかと言えば、これはギャンブルではなく遊戯と考えられているわけです。

つまり、ギャンブルのようにいちどにたくさんのお金を失う心配は無い為、ギャンブルとは考えられていないことになります。また、その場で換金することができない点も遊戯と言って過言ではありません。もちろん、法律で許されることと利権の問題はまた別になりますのでいずれ決着をつけなければならないことでしょう。

ではカジノはどのようになっているかと言えば、これはギャンブルと考えるのが普通です。ただし、競馬や競輪のように国が運営しているため問題ないと考えるべきです。カジノは、別名をつけるならば遊戯となるのではなくやはりギャンブルの別名がふさわしいでしょう。いずれにしても、カジノを行えば法律に違反するのは法案が施行される前だけになります。