ランディングページを利用するときは黒を使う

ウェブマーケティングでより多くのお客さんにたくさんの商品やサービスを利用してもらう場合は、他の人よりも多くのアクセスを必要とします。アクセスが多ければ多いほど、必然的にそのページが閲覧される可能性が高くなり売り上げに直結するからです。それと同時にランディングページの質も重要になります。ホームページやブログの内容がいかに優れていたとしても、ランディングページの内容がいまひとつであれば、それを見た人は商品やサービスを利用してくれないことが多くなるからです。

そこで、ランディングページの作り込みがとても大事になります。通常、ホームページの中で文章をたくさん作ったとしても、すべて同じランディングページにリンクすることになります。当然ホームページのそれぞれの文章をしっかりとしたものにするのは言うまでもありませんが、ランディングページが1番決め手になる以上、時間とお金をかけてしかるべきです。例えば健康食品の販売をするページであれば、健康食品の良さをアピールするだけでは足りません。単に商品のアピールあれば皆が行っているからです。それよりも、なぜその健康食品が良いのか、健康食品を使うとどのように体が変わっていくのか、そしてそれを読んだ人の人生をどのように変えていくのかを述べた方が良いでしょう。文章以外に画像、動画を使うことも重要ですが、ランディングページの色も重要になります。基本的には白や明るいカラーを使っていることが多いですが、黒を使うことも有効とされています。黒と言うと、暗いイメージを持っている人がいるかもしれませんが、心理学的にはそれ以外の意味もあります。例えば高級さを表しているカラーであることです。少し金額の高い健康食品を販売するのであれば、背景を黒にするなどした方が良いでしょう。背景を黒にすると暗く見えてしまうと思う人は、所々に黒を入れてみると効果があります。高級感以外にも威厳を感じさせることができるのが黒の特徴です。

ランディングページを実際に作成してみて、ホームページやブログのアクセス数の割には反応が鈍ければ、新たに編集し直して文章や背景を変えてみても良いですが、健康食品のホームページと改善をしてくれる業者にお願いをしてみるのも1つの方法になります。最初から文章を用意し画像なども用意しておけば10万円位で作成してくれますが、全てを相手に任せる場合は50万円位はかかると思ったほうが良いでしょう。