ランディングページの成約率はクロージング手法で決まる

ランディングページの目的をよく考えてみてください。
ランディングページを量産するwebライターもいますが、「下手な鉄砲」戦略では、
時間と体力を消耗するだけで、まったく効率的ではありません。

ランディングページは、商品を説明し、その商品の良さをアピールすることも大切ですが、
それ以上に購入してもらうこと、すなわちクロージングがもっとも重要です。

効率的でスマートなwebライターを目指すなら、必ず知っておいてほしい有効な手法をご紹介します。

【訪問者を逃さないクロージング手法】

有益な情報だけ提供して、さようなら。
それでは苦労してランディングページを作成する意味がありませんよね。
訪問者が購入者になるためには、最後のひと押しであるクロージングが必要です。
訪問者は少なからずその商品に興味は持っているのですが、購入しようとまでは思っていないかもしれません。
そんな訪問者を逃さず購入者にするにはどんなクロージング手法があると思いますか。
代表的な手法として、希少性の演出があります。
今この瞬間に、買わないと損してしまう、迷っている時間はないと訪問者に思わせる演出です。
例えば、「本日に限り3割引」のように期限を提示する手法もそのひとつです。
訪問者に明日以降の購入では損をしてしまう、今購入しようと思わせるのです。
このような手法は幅広い業界で使われいます。テレビの通販番組で番組終了30分以内というフレーズをよく聞くのもこの手法を応用しています。
期限以外にも、販売個数を限定したり、残りの在庫数を提示したりする手法もあります。

【訪問者に安心や共感を与えるクロージング手法】

もうひとつ重要なのは、訪問者の心に訴えかけることです。
この商品なら安心して購入できると思ってもらうことが重要です。
代表的な手法としては、購入者の口コミです。
実際に購入した人の使用感がわかるということは、訪問者がその商品を疑似的に体験できる効果があります。
この疑似体験が安心感を与えるのです。
どんな安い商品であっても、お金を払って購入する以上、ムダな買い物をしたくないと思うのは、
当たり前の感覚です。訪問者が購入者の口コミに共感できれば、購入を考えるでしょう。
また、返品保証がある商品については、これもアピールポイントです。
実際に体験できることは、何よりも安心感を与えます。
また、別の角度から安心感を与える方法として、商品の歴史や商品に関わっている人物を紹介する手法もあります。
商品ができるまでの経緯に共感できたり、権威のある人物や有名人のお墨付きがあれば、あまり興味がない商品だってもしかしたら購入を考えるかもしれません。
このような安心や共感もクロージングには大切なのです。

【まとめ】

いかがでしたか。
紹介した手法を活用すれば、あなたの作成したランディングページは効率よく働いてくれる営業マンになるでしょう。