車を購入したくなるランディングページとは

ランディングページは、さまざまなネット広告やリンクをクリックしたときに、最初に表示されるWEBページです。ネット売り上げ向上につながる最重要ツールです。このページに工夫を加えて、その後、車の売り上げが何倍にもなった例もあります。 目的に応じてたくさんの種類がありますから、車種に応じた適切な使いこなしをしないといけません。ランディングページは比較的安価に作れ、その上ターゲットユーザーを購買に向かわせることに特化したページであるため、ポイントを押さえて制作すればWEBマーケティングの成果を上げる重要な要素となります。

ランディングページで最も大切なことは、ファーストビューです。ファーストビューとは、サイトにアクセスして一番最初にユーザーの目に入る画面のことです。この画面を見たとき、魅力的と感じなければ多くのユーザーが離れていってしまいます。逆に言えばファーストビューさえ最適にすれば、効果が上がる可能性があるということです。それだけ重要度の高い部分であるので、訪れたユーザーがページ下部に行って、内容をもっと見たいと思うように注意して作成する必要があります。ファーストビューは、まずはキャッチコピーを考えます。これは車を買いたいと思っているターゲットの核心を突くものを選定します。次にメインビジュアルを決めます。これはキャッチコピーとの整合性を意識して、ターゲットの目を惹く車の画像を選びます。次に権威づけを挿入します。例えば「おかげさまで、当サイトからの購入者10000人突破!」などの実績表示などでターゲットの信頼感を引き出すコンテンツを絡めていきます。

パッとランディングページを見たときに、ターゲットは、読むか、読まないかという心理状態にあります。この迷っている時間は3秒程度しかないというデータもあります。その短い時間内にページ下部まで進めて読んでもらえて、購買アクションにまで持っていくには、車を買いたいという閲覧者の気持ちを考えて構成することが大切です。そのためには見やすいデザインにしなければなりません。閲覧者にストレスがかからない、見やすい色合いを意識しましょう。ストーリー性も重要です。車を買いたいと思っている閲覧者がページを見てどんな感情を持つのかを意識し、それに従ってコンテンツの順番、内容を練っていきましょう。また簡潔で分かりやすいページであることも大事です。場合によっては箇条書きにしたほうが内容が分かりやすい場合もあります。閲覧者がパッと見て分かりやすい文面にし、重要な要素を簡潔に伝えましょう。それから会社概要や実績などを載せると、閲覧者の信頼度がグッと上がります。

ターゲットを惹きつけるランディングページは大切です。こまめな改善で大きな成果を上げることが可能なツールです。上記のことを参考に、ぜひ閲覧者の心に響くランディングページを作ってください。