クリスマス用のランディングページは文章よりも動画を使用する

様々なランディングページと一味違う雰囲気を持つのがクリスマス用のページです。普段は会社の紹介に使用したり、商品の広告となることが多いため、比較的まとまりのあるカラーで統一されたページとなります。見る側も商品が見やすくアピールポイントが分かるため、集客目的に大いに活用されています。統一感のあるページは大切なことで、一番宣伝したいことが目につきやすくなるといった効果があります。さらに詳しく知りたいという気持ちを持ってもらうために、その会社や商品を利用することで、どういったメリットがあるのかをまとめてあるのです。自分にとって有益なものであれば購入したいという意欲がでてきます。

一般的なランディングページでは馴染みの深い手法ですが、イベントごとになると少し意味合いが変わってきます。クリスマス用のページには、ただ言葉だけを羅列するのは不向きです。クリスマスの必需品や盛り上げるための商品は、言葉で表すよりも、スクリーンショットや動画で載せた方が目を引きます。クリスマス商品では、その商品はどのように活用されるのか、という具体的な方法を掲載するとともに、どれだけ雰囲気を明るくすることができるかがポイントです。カラーを統一感のあるものに仕上げることは、得策とは言えないでしょう。イルミネーションはどんな風に光るのか、言葉で表すのは非常に難しいことです。製作者側が難しいことは、見ている側も理解しにくいということになります。メリットが伝わらないので、ホームページの改善を行わなければなりません。例えば初めに制作したページに、きらきらひかると言葉で書いたところには、イルミネーションが光る様子を動画で載せる方が効果的です。いくつか光の種類がある場合には、スクリーンショットと言葉で表した方が丁寧です。ランディングページに全てを載せる必要はないので、一部分だけを紹介し、詳しい内容が掲載されているページに誘導すれば良いのです。

クリスマスカラーといえば赤と緑が一般的なので、もし統一感を出したいのであれば赤と緑を基本カラーにし、その他の色でアピールしたい箇所を目立たせるなど工夫をすると良いでしょう。通常はあまりありませんが、ページを開いた際に音楽が流れるなど、普段とは違う雰囲気づくりをしましょう。全てを明るくしてしまうと見にくくなる欠点があるので、ボタン操作は通常のものと同様、簡単操作でわかりやすいものにするといったバランスも大切です。