ランディングページは低いクリック率による取り逃しがない

ランディングページは、外部から検索をしてきた人が最初に閲覧するページを指しますが、これは広義の意味です。ウェブマーケティングの世界では、特定の商品やサービスの売り上げや問い合わせを促す独立した一つのサイトを指しています。通常は、ネット広告にリンクを設定して、そこから訪れた人に向けて作られます。リンクのクリック率は一般的に1パーセントから良くても30パーセントです。そのため、リンクを設定してしまうと、リンク先に商品の紹介などをちりばめてしまえば、クリック率が低いことにより顧客を逃してしまうことになります。その点、リンクを貼らなければクリックをしてもらう必要がそもそもないため、ランディングページではリンクを貼らないのが特徴です。一枚で完結するため、ページは縦長になっており、閲覧者は縦にスクロールをして読んでいきます。

もちろん、興味を引くことができなければランディングページを読み進めてくれる人はいませんから、興味を引くための工夫も随所にちりばめられています。例えば、商品画像やイメージ画像を多用して、直感的なイメージで訴えかける手法ならば、文字が多くて読むのが面倒であると感じられてしまうことは防げますので、多用されます。フォントも、強調したい部分は大きめでカラーを付けて表現します。情報自体は縦に長いとはいえ、一般的なリンクを貼るサイトに比べて少ないですが、ランディングページはそれで構わないです。なぜなら、ランディングページに訪れている人の多くは、検索をして来て広告を踏んだ人であるからです。検索をしているということは、少なくともそれに対して何らかの関心があるわけなので、あとの一押しでコンバージョンにつなげることができます。したがって、誘導するためには派手目で張った方が良いことになります。

ランディングページにはいろいろなノウハウがありますが、正解は一つではありません。売りたい商品やサービスに応じて使い分ける必要もあります。こういったノウハウは、自分で蓄積するのは時間がかかりますが、ランディングページの製作をしてくれる会社ならば、すでに持っているノウハウを生かしてもらうことができるため、短時間絵効果のあるページを作ってもらうことができます。そのため、ランディングページは制作代行会社に頼んで作ってもらうケースも非常に多いです。また、制作実績が高い方がノウハウが蓄積されていますから、ホームページと制作実績は深い関係にあります。