工夫を凝らしたランディングページの必勝法とは

ランディングページの必勝法として挙げられるのが、2つの構成です。
2つの構成とは、AIDA型とPASONA型であり、確実に成果を上げるランディングページを作成するのであれば、この構成を利用すると良いでしょう。
しかし、そのまま利用するだけでは、他社のランディングページとの差がなくなってしまいます。
そこで、自社ならではの工夫を凝らしながら、必勝法となる2つの構成を上手く活用する事をオススメします。

AIDA型の構成とは、ATTENTION、INTEREST、DESIRE、ACTIONによって成り立っています。
注意を惹きつけた後、興味を抱かせ、購買意欲を駆り立てた後に、購入へと導く構成となっています。
AIDA型のランディングページを作成する場合、まずはキャッチコピーで注意を惹きつけましょう。
そして、ユーザーの声などで興味を抱かせ、商品やサービスを購入する事によるメリットで、購買意欲を駆り立てましょう。
そうして購入へと導くAIDA型の構成によるランディングページは、既に商品やサービスに興味を抱いているユーザーの背中を押すには最適です。
また、ATTENTIONとDESIREの後に、購入ボタンを設置する工夫によって、より成果が上がりやすくなります。

一方のPASONA型の構成は、PROBLEM、AGITATION、SOLUTION、NARROW DOWN、ACTIONによって成り立っています。
問題提起を行い、その問題を解決する欲求を煽ったら、解決策を提示し、その為には商品やサービスをすぐに購入しなければいけないという意識へと持って行き、最終的に購入へと導くという構成です。
こうしたPASONA型の構成の場合、どうしてもランディングページが長くなってしまいます。

そこで、途中で離脱するユーザーを減らす為の工夫として、PROBLEMの前とSOLUTIONの後に購入ボタンを設置すると良いでしょう。
更なる工夫としては、PROBLEMの前にユーザーのハートを掴むキャッチコピーを掲載しましょう。
AIDA型の構成の場合はATTENTIONで注意を惹きつけますが、PASONA型の構成では注意を惹きつけるポイントがありません。
そこで、ATTENTIONの代わりにPROBLEMの前にキャッチコピーを掲載する事で、どのような商品やサービスの販売を行っているのかを、より具体的に伝えられるよう工夫する事が重要です。