化粧品のランディングページの組み方について

化粧品の通信販売をする場合にも、ランディングページは効果があります。広告のリンク元から着地するページを一つに絞ることで、集客効果を高められるからです。そもそも、リスティング広告の場合、その広告が表示されているのは、それに関連するキーワードを閲覧者が検索をしたからですので、たどってきてくれた人は多少なりとも興味や関心を抱いている人が多いです。そして、そういった人に最終的なアクションを起こしてもらうのがランディングページですから、きちんとした組み方を実践すれば、売上に直結するランディングページを作ることができます。

化粧品のランディングページのセールスコピーとしては、結果を最初に提示するのがベストです。効果を実感してもらえる商品であると注目してもらうことができれば、あとはページを読み進めてもらうことができますので、組み方としては最初にインパクトのある結果面に触れるのがおすすめです。そして、あとはそれを証明していくことになります。いくらたいそうなことが書かれていても、それにつついての証明がなければ単なる誇大広告です。もともと通信販売にはある程度の不安を感じている人も多いので、それを和らげるためには、しっかりと根拠やデータを提示していく必要があります。また、化粧品の場合、実際に使ったことのある人が良い評価をしていることをアピールすれば、消費者目線での安心感を得られますから、多くのサイトが利用者の口コミもランディングページに組み込んでいます。

組み方としてのテクニック面ではほかに、リンクを貼らないというものがあります。ページが多重構想になってしまうと、クリックをしてもらうことができなければ読み進めてもらえないことになってしまいます。実際、ホームページのクリック率は訪問者数の1から30パーセントといわれていて、そこまで高くはありません。つまり、あとに購入についての情報を掲載してしまうと、クリックしない層は取り逃がしてしまうことになります。そのため、ランディングページではリンクを設定することはなく、1枚で商品紹介から注文、問い合わせ先までをすべて載せてしまいます。もちろん、ランディングページのテクニック面ではうまく構成することができても、肝心の文章の作りがしっかりとしていなくては意味がありませんから、うまく消費者目線での作成を心がけて、購入したいと思ってもらえるように心がける必要があります。