健康食品にかかるランディングページの作り方

WEBビジネスを成功させるためには、属性に合った集客を行い、WEB上で決済まで行う仕組みを構築することです。これは、リアルビジネスでも同じ流れですが、決定的に異なるのは、WEBビジネスの場合、販売者からの売り込みは一方通行ですから、サイトに様々な仕掛けを施しておかないと、見込み客に逃げられてしまう点です。したがって、WEBビジネスにおいては、ホームページとは別に制約を目的としたWEBページを設けることが一般的になっています。このWEBページのことをランディングページと呼び、いわゆるペラサイトと呼ばれる簡素な構造であるのが特徴です。さて、販売するための重要なページを簡素化するのかというと、一般のサイトであれば様々なページがありますから、ついつい集中力が途切れてしまい、他のページに飛ぶこともありますが、ペラサイトであれば、集中力を切らさず最後まで読まれる可能性が高くなるのです。

さて、ランディングページは、非常にシンプルな構造ですからワードプレスで作成する人も少なくありません。この場合、販売する商品により作成方法は異なりますので、まずは、同業他社がどういったランディングページを構築しているのか、まずは分析する必要があります。例えば、化粧品のHPの制作事例では、性別、年齢別にターゲットを絞り込み、対処しなかった場合の結果と、その化粧品を使用した際の結果を対比させながら、成約に結びつける流れが一般的です。この方法であれば、ユーザーはリアルに自分に置き換えて考えることができますから、思わず購入したくなると思われます。さらに、サイトのイメージは全体的にスタイリッシュで都会的な雰囲気で統一されており、その化粧品を使用しただけで、自分が美しくなったような錯覚に陥ります。

これが健康食品のランディングページであれば、性別はあまり関係なく、年齢別にターゲットを絞り込み、化粧品同様に、使用した場合の結果と使用しなかった場合の結果を対比させながら、成約に結びつけていきます。さらに、健康食品に興味がある人は、安全衛生面にも注目している筈ですから、開発担当者からのコメントや生産工程を画像で貼り付けることで、ユーザーからの信頼を得ることができますから、成約につながる可能性は高くなります。つまり、ユーザーが心配している点を見出し、それ解決する術をランディングページで示すことにより、自然と販売率は上昇していくのです。