ランディングページを効果的にする企画書

ランディングページはWEB上に表示される広告の一つです。一般のサイトよりも会員登録や商品、サービスの購入を強く促す性質を持ちます。ランディングページの出来が売り上げや会員獲得に大きな影響を与えますので、企画書の段階からよく考えて制作する必要があります。基本的には無料で制作することができますが、制作会社では10万円から60万円くらいの値段で制作を請け負ってくれます。ランディングページの改善によって顧客数が5倍になったという例もあり、たかが1ページとはいえ、侮れない可能性を秘めています。

ランディングページのメリットの一つにサイトを立ち上げるよりも安く制作することができるというのがあります。公式サイトには不特定多数の人がアクセスするので、多くの人の興味をひくためには広く浅くという方針で作る必要があります。深い説明を掲載するにはページ数を増やす必要がありますが、増えれば増えるほど費用はかさんでいきます。ランディングページは基本的に1ページなので、その分費用を抑えることができます。また基本的に興味を持った人しかアクセスしないので企業側からもターゲットを絞りやすく、より深い商品やサービスの説明を掲載することができます。

ランディングページは人に興味を持ってもらうインパクトも大切ですが、目的をはっきりさせておく必要があります。長めのページとはいえ、1枚分しかないわけですから要点を絞ってサービスや商品を強く売り込みます。種類としては商品の売り込み、会員登録、資料請求などがあります。それぞれの目的によってページの構成はがらりと変わるため、企画書の段階で目的を明確にし、簡潔ながらも必要な情報を凝縮したページにしなければなりません。

例として健康食品のHPの製作を挙げます。必要な内容は値段、味、含まれている成分、その商品が体に与える影響などが考えられます。これらを効果的に宣伝できるように構成を練っていきます。商品の写真や、レイアウト、実際の購入者による口コミ、キャッチフレーズなど宣伝する要素はたくさんあります。その中でターゲットとしているのは男女どちらか、どの年代層か、職業などによっても変わるかもしれません。アクセスしてほしい人を絞り、高確率で商品を購入してもらえるようなページ構成を考えます。アクセス数が伸びるだけでは意味がありません。ランディングページでは商品を購入してもらって初めて意味があるということができます。