ランディングページの基本構成は1枚のページ

ランディングページの特徴

ランディングページは、商品を売るために用いられるウェブサイトです。基本構成は、1枚の縦に長いページになっているのが特徴です。商品の良さを伝えて直接購入につなげてもらうのがランディングページの目的であるため、情報を多くする必要があります。また、ページが複数に分かれてしまえば、検索をした時に訪れるページ次第では、前提となる話を読んでいないために理解できず、直帰されてしまう心配があります。これらの理由から、ランディングページの基本構成は、1枚の縦に長いサイトで構成されるようになっています。

ランディングページのパターン

そして、単に情報が多ければ消費者が納得してくれるものでもありません。そのため、納得してもらうための文章構成にしなくてもいけません。いろいろなノウハウやパターンがありますし、商材によっても狙い方は異なりますが、基本的には最初に興味を引くために、商品やサービスを取り入れればこうなると変化を提示することが多いパターンです。ファーストビューはあまり長いものではありません。そして、興味を引くためにはある程度のインパクトも必要です。商品を使えば変化が起こる、ということはそれなりにインパクトがありますし、それに興味を示してもらえる可能性も高いですから、最初に用いられます。もちろん、それだけで納得してもらうわけはありませんので、その後に具体的な根拠やデータ、利用者の声、締めの言葉などを組み合わせて、信用してもらえて見栄えが良いサイトにしていく必要があります。

通販のHPと見積もり

通販のLPは、商品を購入してもらうために作る物ですから、短期的な効果が出る必要があります。これは、ノウハウがないと難しいことです。そこで、ノウハウがある制作代行会社に頼むのも一つの手です。通販のLPなど、ホームページ制作代行をしている会社では、ランディングページの作成も行ってもらうことができます。自社で運用するとなれば、知識がない場合には大したものを作ることができませんし、時間もかかるなど、あまり良いことがありません。費用を抑えられることはメリットですが、それで効果が上がらないのであればランディングページを作る必要はありません。
その点、業者ならノウハウを生かしてもらえますし、蓄積されたデータを基に、どのような構成にすれば効率的に売り上げにつなげることができるかを知っています。見積もりを出してもらうことで、料金や実際のサイトの様子などを知ることができますから、ノウハウを生かしてもらいたいなら、まずは見積もりを出してもらいましょう。